トップ / 品質で製作業者を比較する

Tシャツを作ろう

品質で製作業者を比較する

金額と品質は別物である

せっかくオリジナルTシャツを発注しても、完成品の出来栄えが悪いとがっかりしてしまいますよね。こうした残念な結果を招きたくないなら、品質を重視してTシャツプリント業者を選びたいところです。

Tシャツの品質は、プリント技術とインクの発色およびシャツの素材によって決まります。これらのどの要素に質を求めるかによって、選ぶ業者も違ってくるでしょう。

ただし、高価なTシャツ素材を選んでも、プリントに使用される版やインクは素材が安い場合と同じです。高いTシャツのほうがよい発色を得られる、というわけではありません。この点を加味すると、Tシャツそのものの質や値段とオリジナルTシャツとしての品質は別物だと考えられます。

もちろん、生地の質を基準に業者を選ぶのも間違いではありません。生地のよいTシャツは、着心地がよいうえに長持ちしてくれます。とはいえ、高いシャツにあまりきれいでないプリントを施すのも考えもの。素材の質を重視する場合も、最低限のプリント技術は求めたほうがよいでしょう。

…と、ここまで読んでいただいた方の中には、「業者によってそんなにプリントの技術が違うの?」と疑問を抱く方もおられるかもしれませんね。Tシャツプリントに使われる印刷技法に着目すると、疑問の答えが見えてきます。

Tシャツのプリントは、シルクスクリーンという印刷技法で行われることが一般的。この技法は手作業で行われるため、職人の技術力によって出来栄えに大きな差が生まれます。技術の未熟な職人が作業をすると、文字の細かい部分が潰れたり、発色が悪くなったりしてしまうのです。

できれば高い技術を持つ職人がいる業者に、Tシャツ作成を依頼したいところですね。ただ、業者の印刷技術の高さを発注前に知ることは難しいのも事実。ホームページに「当店は印刷技術の低さが自慢です」などと記載する業者は存在しません。

しかし、間接的な要因から業者が提供するプリントの品質を予想することは可能です。もしホームページなどに「Tシャツ製作の全工程を社内で一元管理しています」などと書かれているなら、信頼できる業者だと判断してよいでしょう。

社内での管理が徹底していれば、安定して高いクオリティーの製品を作り出せるはずです。他方、製作工程の一部を外部に任せている業者は、完全な品質管理ができていない可能性があります。

品質を重視してTシャツプリント業者を選ぶなら、製作工程に関する情報もリサーチしましょう。本当に信頼できる業者が見つかれば、クオリティーに満足できるオリジナルTシャツが作れるはずです。